子育ての記録

妊娠初期はとにかく眠い!寝づわりのことをもっと知ってほしい

【ブログ】妊娠初期症状「寝づわり(眠りつわり)

妊娠中、とにかく眠い「寝づわり」。

その症状は吐きづわりや食べづわりほど知られていないため、怠けていると思われがち。

でも、寝づわりによる眠気は思った以上に強烈で意識が飛びそうになることもしばしばでした。

この記事は、私が妊娠中実際に体験した寝づわりについてまとめたものです。

 

妊娠中の「つわり」ってどんな様子を想像しますか?

たとえば、炊飯器を開けた瞬間に「うっ」と吐き気をもよおすようなシーンをイメージした方もいるかと思います。

 

ドラマなどでよく見るシーンですね

 

私も妊娠した当初、「もう少ししたらニオイに敏感になるのかな」「接客業だけど急に吐き気をもよおしたらどうしよう」と心配していました。

しかし、つわりには個人差があるようで、私の場合は吐き気をもよおすようなつわりは一度もありませんでした。

その代わりに、寝ても寝てもものすごい眠気が襲ってくる「寝づわり」という症状に悩まされました。

 

「つわり」の種類は吐き気だけじゃない

吐きづわり

吐きづわりはその名の通り、常に吐き気に悩まされてしまう症状です。

一日中船酔いしているかのように感じる方もいます。

何をしていても気持ちが悪いので、症状が重い人だと食事だけでなく水分をとるのも困難な場合もあります。

においづわり

においづわりは、特定のにおいに対して吐き気をもよおすつわりです。

特定のにおいというのは人によってさまざま。

悪臭やタバコの臭いだけでなく、白米を炊いたにおい、香水、普段の何気ないにおいにも敏感になってしまう場合もあります。

いつも使っている歯磨き粉の匂いも耐えられなくなってしまう方もいるようで、妊婦さんが虫歯になりやすくなってしまう原因にもなります。

食べづわり

食べづわりは、空腹になると吐き気がするつわりです。

食事と食事の時間が空いてしまうと胸焼けがしたり気持ちが悪くなったりします。

何も喉を通らくなる「吐きづわり」とは逆で、口に何かしらの食べ物を入れていないと気分が悪くなってしまいます。

寝づわり

寝づわりはそのような吐き気は伴わない代わりに、常に眠い状態になります。

寝ても寝てもとにかく眠い。

意識が遠のいてしまうほどの眠気に襲われる場合もあります。

 

妊娠中の寝づわり体験談

私は妊娠中、一度も「吐きづわり」「においづわり」「食べづわり」といった吐き気をもよおすようなつわりは経験しませんでした。

周りから見たら「妊娠中だけどいつも体調良さそうだな」と思われていたかもしれません。

しかし、私は妊娠初期から安定期に入るまでの間、ずっと「寝づわり」に悩まされていました。

本当に、一日中とにかく眠いのです。

 

朝は夫の朝ごはんを作るためになんとか起きるのですが、夫を送り出したらすぐに倒れるように寝ていました。

昼間も、トイレやお昼ごはんのためになんとか起きるのですが、それ以外はずっとお昼寝。

夕飯を用意して、食べたらまたすぐ寝てしまい・・・。

今思い返せば、一日中ほぼ寝ていました。

 

決して怠けているわけではなく、意識が飛ぶくらい急激に眠くなるのです。

なんとなく「なんか眠いなー、ちょっとお昼寝でもしようかな」というレベルではありませんでした。

 

「寝づわり」で辛いのは周囲に理解されにくいこと

寝づわりは他のつわりとは違い、吐き気をともないません。

そのため、寝づわりの辛いところは、周りに理解されにくいということではないかと思います。

 

体調は良さそうだし、食欲もある。

いくら妊娠中だからと言っても、何もせずにただただ寝ている妻。

寝づわりを経験したことのない人から見れば、「また怠けている」とか「だらしない」と思うかもしれません。

 

しかし、妊婦さんが眠くなるのは、決してだらけているわけではありません。

寝づわりは、妊娠による女性ホルモンの変化で起こる「つわり」の一種なのです。

 

やらなければいけないことはいっぱいあるのに、眠くて何もできないもどかしさを常に感じていました。

あまりの眠さで車の運転も危なかったので、日常に必要な買い物もなかなか行けませんでした。

 

妊娠中の妻がずっと寝ている。それは決して怠けているわけではない。

この記事を読んでくださっている方の中に、妊娠中の女性がいるご家族の方や周囲の方がいれば、お願いしたいことがあります。

もし妊婦さんが一日中何もせず、ずっと寝ているようなことがあっても「今日は寝づわりで辛いんだな」と理解してほしいということです。

 

日々の仕事で忙しいと、ついつい「こっちは働いてるのに、家事もせず一日中寝てるなんて!」と思ってしまうかもしれませんが、思ってもどうか口には出さないであげてほしいんです…。

 

「つわり」は自分ではコントロールできません。

寝づわりに限らず、つわりで苦しい時は、パートナーや周囲の「大丈夫?」「ゆっくり寝てて」という優しい一言がものすごく嬉しいですし、それだけで気分が楽になったりします。

新しい命の誕生を待つための幸せな時間を、お互いにイライラしたり悲しい思いで過ごしたくないですもんね(^^)

 

この記事で、1人でも多くの方に「寝づわり」というものの存在を知っていただけたら嬉しく思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

▼おすすめベビーローション




赤ちゃんのお肌をモチモチに保湿♡

アロベビーのベビーローションは99%天然由来成分で新生児からOKです

\ 初回980円(税抜)送料込み! /
お得な定期便に申し込む

 

主婦 & WEBライター
あっつ

アラサー主婦、2歳(男の子)のママです。

0~3歳の子育てに役立つ情報をブログで発信しています。

DWEの中古教材を使って楽しく「おうち英語」挑戦中!

詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /