くらしの情報

家庭にある物で「天ぷらや揚げ物の油を再利用する」方法(油こし器がない場合)

【ブログ】揚げ物油を再利用する方法

 

この記事では、いつも我が家でやっている、天ぷらやフライなど揚げ物をした時に出る油を再利用する方法をご紹介します!

油こし器がなくても、おうちにあるもので簡単に油をこすことができますよ♪

 

主婦のみなさん、揚げ物(天ぷらやフライなど)って普段しますか?

私はあまり料理が得意ではありませんが、揚げ物料理、けっこうします。

 

「煮物」や「焼く」といった料理は味付けや火加減など調整が難しいですが、揚げ物はただ揚げるだけで家族が喜ぶ立派なメイン料理ができあがるので、実は初心者向けの料理なんじゃないかと感じます。

 

悩める主婦
悩める主婦
でも天ぷら油の処理が面倒なのよね・・・。

 

そうなんです。

揚げ物は後片付けが面倒!

 

食事を食べ終わりお皿を洗い終わった後に、ふと目に入る汚れた油。

げんなりしますよね(笑)

見て見ぬふりをしたい気持ちになります。

 

我が家には油こし器(オイルポット)がありませんが、揚げ物油はいつもどこの家庭にある3つの物を使って再利用しています。

 

この記事では、揚げ物をした時に出る油を簡単に濾して再利用する方法をご紹介します!

 

 

用意するもの

油こし器がない家庭でも揚げ油を簡単に再利用する方法
  • タッパー
  • ティッシュペーパー(1枚)
  • 輪ゴム(1個)

 

用意するのはこれだけです!

どのご家庭にもきっとありますよね。

もしタッパーがない場合は、味噌汁のお椀でも同じようにできます!

 

また、万が一油がこぼれる場合に備えて、新聞紙があると尚良いと思います。

 

あつみん
あつみん
私みたいにおおざっぱな方や不器用な方は、油が多少こぼれる可能性があります(笑)

 

 

ティッシュで簡単「油こし」の手順

我が家は今日はメンチカツ。

2人分なので卵焼き用のフラインパンを使い、少量の油で揚げました。

とってもおいしくいただいたのですが・・・

 

油こし器がない家庭でも揚げ油を簡単に再利用する方法

揚げ終わった後の油には、パン粉のカスがいっぱいです。

ではさっそく油を濾していきましょう!

 

(1)ティッシュペーパーをバラす

油こし器がない家庭でも揚げ油を簡単に再利用する方法

2枚重ねになっているティッシュペーパーを1枚ずつにバラします。

バラして薄くなった1枚分のティッシュペーパーのみを使います

 

 

(2)タッパーにティッシュを乗せて輪ゴムで留める

油こし器がない家庭でも揚げ油を簡単に再利用する方法

タッパーの蓋をとり、薄いティッシュペーパーをタッパー容器の上に乗せます。

タッパーの側面でティッシュを輪ゴムで留めます。

 

(4)油を注ぐ

油こし器がない家庭でも揚げ油を簡単に再利用する方法

ティッシュの上から油を注ぎます。

このとき、新聞紙をタッパーの下に置くと、万が一油がこぼれた際に汚れないのでおすすめです。

こぼれないよう、ゆっくり丁寧に注ぎましょう。

ティッシュの上に、揚げ物のカスが溜まっていきます!

 

揚げた直後の油は非常に熱く火傷の恐れがあるので、少し時間をおいてください。

50℃くらいの温度がちょうど濾過しやすくなると思います!

 

(5)保存

油こし器がない家庭でも揚げ油を簡単に再利用する方法

タッパーに蓋をして冷暗所で保存します。

油の劣化具合にもよりますが、2~3回は繰り返し使えるかなと思います。

(一度使った油は酸化が進むため、できるだけ早く使いきってください。)

 

揚げ物をやると1回で大量の油を使ってしまうので、ちょっとでも節約(笑)!

揚げ油を再利用したい方は、ぜひ一度お試しください♪

 

 

楽天市場で人気のオイルポット

ちなみに、頻繁に揚げ物料理をされる方や食欲満点の子供がいるような大家族であれば、オイルポットの購入もおすすめです!

楽天市場では、ダスキンのオイルポットが人気です。

 

【ダスキン公式】天ぷら油ろ過器 油っくりんナイス 油っくりん用フィルター(5個入)セット キッチン エコ 油こし器 オイルポット 天ぷら油クリーナー 送料無料

created by Rinker

 

活性炭フィルターで、気になる油のニオイも取り除いてくれます

また、油がたれない構造になっているので台所や手がベタベタになりません

 

夜に揚げ物料理をして油をオイルポットに入れて置くと、次の日の朝にはキレイな油になっているのでラクチンですよね。

お友達の新築祝いとかにも良さそう♪

子供が大きくなって揚げ物食べるようになったら買おうかな。