おうち英語に役立つ情報

YouTube以外で無料で見れる!NHKの子供向け英語アニメ動画

 すぐ読める【目次】へ

 

この記事では、2019年1月現在、NHKで放送されている英語アニメをご紹介します!

YouTube以外で無料で見ることができる「子供向け英語動画」をお探しの方におすすめです。

 

こんにちは!

あつみん(@lemonatumi)です。

 

最近はYouTubeにいろいろな英語アニメがありますが、今回は地上波のテレビで見ることができる子供向け英語アニメをご紹介します。

 

ご紹介するのは、

  • おさるのジョージ
  • リトル・チャロ
  • きかんしゃトーマス

の3つ。いずれもNHKで放送されています

 

テレビのリモコンの「音声切替」機能を使って、英語音声で見ることができます。

 

 

おさるのジョージ

低年齢におすすめ!2歳くらいから楽しめます。

我が家では毎週見ています。

とってもおすすめの英語アニメです!

あらすじ

黄色の帽子のおじさんと一緒に住んでいる、知りたがりな「おさるのジョージ」。

身の回りにあるものは何でも知りたいし試してみたい!

そんな、好奇心旺盛なジョージが街に出て、新しいことを経験しながら成長していくストーリーです。

 

おすすめポイント

★ 動物がいっぱい登場する

おさるのジョージには、ジョージ(おさる)以外にもたくさんの動物が登場します。

特に「鳥」は毎回のように登場するのですが、空をパタパタと飛ぶ動きや鳴き声が子供の興味をそそります

ある日はpigeon(ハト)、またある日はduck(アヒル)。

毎回さまざまな種類の鳥が登場します。

 

他にもウシやネコ、リスなどなど。

動物が好きなお子さんはそれだけでも喜んで見てくれると思いますし、動物の種類(英単語)をたくさん覚えることができます

 

★健全な内容

おさるのジョージには、暴力的なシーンや下品な内容が出てきません。

好きな方には大変申し訳ないのですが、例えば「お〇りたんてい」のような、見ていてちょっと恥ずかしくなるアニメはあまり見せたくないんですよね。。。(ファンの方ごめんなさい)

また、戦隊モノのように戦ったりするシーンも2歳にはまだ早いかなと私は思います。

 

おさるのジョージはそういった下品な内容や戦闘シーンがないので、子供に安心して見せることができます

登場人物もみんなジョージに優しく接するので、見ていて優しい気持ちになりますよ。

 

英語レベル

英語レベルは小学生~中学生くらい。

日常会話で使える言い回しが多いです。

 

好奇心旺盛なジョージが突拍子もない事をするので、それに対して周囲の人々が「何をしているの?」「〇〇をしているんだね!」と言ったように、ジョージの行動を会話で解説してくれます

 

また登場人物はみんな、おさるのジョージが聞き取れるレベルで会話をしているため、会話のスピードや英語のレベルもそこまで難しくないのもおすすめポイントです。

 

小さな子供が大好きな「動物」「野菜」「乗り物」「自然」などがよく登場するので、英単語を覚えるにも良いですね!

 

 

リトル・チャロ

日本人向けに作られた英語学習用アニメ。5歳くらいからおすすめです。

あらすじ

元々は捨て犬だった子犬「チャロ」。

やっと優しい飼い主に拾ってもらえたと思ったら、アメリカ旅行の際に手違いで迷子に。

見知らぬ街・ニューヨークでひとりぼっちになってしまったチャロは、そこで出会った仲間たちに助けられながら、なんとか日本に帰ろうと奮闘するというお話です。

 

英語レベル

英語レベルは、中学校卒業くらい。

英語学習用に作られているアニメなので、ネイティブの人が使うスラングなどはほとんど使われず、基本的な単語や文法がメインです。

登場人物の話し方もゆっくりとハッキリとした口調なので、初心者に聞き取りやすくなっています

 

今回ご紹介している他のアニメと違うのが、リトル・チャロはオールイングリッシュではないという点です。

たまに日本語が混じることがあります。

また、日本で作られた日本人向けの「英語学習用アニメ」という点も特徴的です。

教科書に沿ったような丁寧な英語で、日本語字幕も正確。

「英語の勉強」には適しているアニメだと感じます。

 

各回10分と1話は短いですが、子供向けアニメによくある「1話完結型」ではなく、ストーリー性のあるアニメです。

そのため、あまり低年齢のお子さんだと話がつながらない可能性があるかなと思い、5歳くらいからおすすめとさせていただきました。

 

 

きかんしゃトーマス

意外と難易度高め?!英語学習としては小学生くらいから


幼児向けアニメとして乗り物好きな子供に人気の「きかんしゃトーマス」ですが、こちらもリモコンの「音声切替」機能を使って英語で鑑賞することができます!

みなさまなんとなくご存じだと思うので、あらすじは省略します。

英語レベル

トーマス自体は幼児向けですが、英語のレベルは大人の私が聞いても少し難しいと感じます。

トーマスやその仲間たちはけっこう早口。

会話のスピードが速く単語も多いです。

 

また、鉄道用語や電車に関する言い回しが多いため、なかなか普段の英会話に登場しない単語も多いという印象です。

ジョークや少しひねくれた会話もあるのでそこも難しい要因かもしれません。

どちらかというと英語に慣れているお子さま向けで、低年齢&初級者には難しそうです。

 

トーマスが好きなお子様は、他の英語アニメより喜んで見てくれる可能性があります!

ただ、すでにトーマスを日本語で何度も見せてしまっているご家庭に関しては、そこから急に英語音声に切り替えるのは難しいかもしれません。

 

 

以上、地上波テレビ(NHK)で見ることができる子供向け英語アニメのご紹介でした!

 

さらにもっと高度なものだと、「スヌーピー」も良いかもしれません。

ただしスヌーピーのアニメはかなり早口で、言い回しも難しいです。

ストーリーの展開も早く哲学的な要素も含まれるので、上級者向けの英語アニメです。