20代の不妊治療

1万円で始める不妊治療!妊活中の女性に話題の『シリンジ法』って何?

自宅で出来る不妊治療「シリンジ法」の口コミ

不妊治療というとタイミング法や人工授精、体外受精が一般的ですが、低価格でもっと手軽に始められる『シリンジ法』という方法をご存じですか?

シリンジ法とは、採取した精液を「シリンジ」という注射器のような道具を使って自分で膣内に注入する方法です。

通院の必要がなく、病院での治療に比べて手頃なお値段で始められるので、妊活中の女性の間で話題になっています。

 

\ うれしい妊娠報告が続々届いています /


シリンジ法キットのご利用方法はこちら
▲ 届いたその日からすぐ始められる

 

 

シリンジ法には次のような特徴があります。

  • 低価格で始められる(約1万円で20回分)
  • 自宅でできるから通院不要
  • 痛みはほとんどない

 

この記事では、シリンジ法の口コミや使い方、どんな人に向いているのかを詳しくご紹介していきます!

シリンジ法専用キットの口コミ・レビュー

シリンジ法専用キットの内容と使い方

シリンジ法キットの内容

家庭用シリンジ法キット「プレメントシリンジ20回分」には

  1. カテーテル
  2. シリンジ
  3. 採精容器

がそれぞれ20個ずつ入っています。

 

排卵日をはさんで5日分を1周期として、20個入っているので4周期使うことができます!

 

シリンジ法キットのご利用方法はこちら

シリンジを接続する

シリンジ法キットカテーテル

清潔な状態で使用するために必ず手を洗ってから、カテーテルとシリンジをしっかりと奥まで接続します。

 

精液を採精容器に採取する

シリンジ法キット採精容器

採精容器に精液を入れて10~15分くらい置きます。

 

シリンジで精液を吸い上げ、カテーテルを挿入する

シリンジ法キット採精

カテーテルをつけたシリンジで精液を吸い上げます。

すぐにカテーテル部分を膣内へ挿入し、精液を注入します。

その後はリラックスして10分ほど横になります。

 

痛みがほとんどない

人工授精や体外受精などを病院で行う場合、痛みがあるのか不安な方も多いかと思います。

一方、シリンジ法で使用するカテーテル部分はとてもやわらかく、またタンポンよりも細いです。

個人差があるかとは思いますが、シリンジ法の場合はほとんど痛みはないという感想です。

 

シリンジ法で妊娠するのか

シリンジ法キットを販売している会社の公式ホームページを見てみると、シリンジ法で妊娠したという口コミが何件も寄せられていました。

シリンジを用いた妊娠結果の研究論文も発表されていて、これを読むと妊娠確率は比較的高いことがわかります。

 

また、Amazonのレビューを見てみても「妊娠しました」という報告が多く、また星5つの高評価が多く見られます。

 

シリンジ法はこんな人におすすめ

病院への通院が難しい人

シリンジ法は、病院へ頻繁に通うことが難しい人におすすめの不妊治療法です。

  • 仕事で忙しくて通院する時間がとれない
  • 不妊治療専門クリニックが家から遠くて大変
  • 小さいお子さんがいて病院へ通うのが難しい

 

このような理由で不妊治療を諦めているなら、自宅で手軽にできるシリンジ法からまずは試してみる価値があります。

月経周期が安定しているなら、排卵日をはさんで前後5日間シリンジ法を試してみましょう!

 

本格的に不妊治療をうけるか迷っている人

子供は欲しいけれど人工授精や体外受精に不安や抵抗があり、不妊治療を始めるか迷っている人にもシリンジ法はおすすめです。

病院で本格的に不妊治療を始めると、薬や注射で排卵をコントロールしたり採血や内診などが頻繁にあるため、精神的にも肉体的にも疲労してしまう場合もあります。

シリンジ法なら自宅にいながら全て自分で行うことができるので、そういったストレスが少なく済みます。

病院へ通う気持ちの整理はまだ出来ていないけれども、早めに妊活にトライしてみたいという人にもおすすめです。

 

シリンジ法に向いている・向いていない条件

シリンジ法には、向き不向きがあります。

もし以下の条件に当てはまらない場合は、病院で検査をうけて適切な方法での治療をおすすめします。

女性
女性

女性側の条件は…

●35歳以下

●月経周期が比較的安定している

男性
男性

男性側の条件は…

●精液に異常がないこと

 

逆に、女性側が高年齢であったり卵管閉塞である場合、男性側が無精子症の場合にはシリンジ法はおすすめできません。

 

シリンジ法は病院での不妊治療より低価格

シリンジ法は20回分試せるキットで約1万円。

病院で行う人工授精や体外受精よりも低価格で始められます。

 

ちなみに私が通っていた不妊治療専門クリニックでは、初診の検査で3万円超え。

タイミング法では1回あたり約5,000円。

人工授精は1回あたり約2万円でした。

また、体外受精となると数十~百万円ほどかかってしまいます。

不妊治療は保険適用外なので、いずれの治療方法にしても高額な費用がかかってしまいますよね。

 

でも、シリンジ法なら約1万円で20回も試せます。

妊活にまだそんなに費用をかけたくないという人にはシリンジ法はとてもおすすめです。

 

\ 今すぐ購入して試してみる /


シリンジ法キット販売サイトはこちら
不妊治療専門クリニックでも取り入れられています

 

シリンジ法のデメリット

シリンジ法を行ううえで一番の問題点は、「シリンジ法」という少し人工的な方法で子供を作ることにお互いが納得できるかどうかという倫理観や気持ちの問題だと思います。

ご夫婦のうちどちらか一方が「子供は自然な流れで授かるもの」と考えている場合、タイミングを合わせて行うシリンジ法には抵抗が生まれてしまうかもしれません。

ただ、肉体的な疲労や精神面でのプレッシャーが原因でうまく性交渉できないご夫婦にとっては、時間も短く済んで手軽に行えるシリンジ法はとても有効的な方法です。

 

ここまでシリンジ法についてご紹介してきましたが、ひとつだけ注意点があります。

妊活女性の間でじわじわと口コミが広がっている一方で、模倣品のキットが出回っているようです。

▼正規購入店での購入はこちらですのでお間違いのないようにしてくださいね^^

▼ おすすめの妊活サプリ




必要なのは葉酸だけじゃない!!
妊活8大成分をすべて配合

\ 妊活サプリ人気No.1 /
makana(マカナ)

WEBライター
あつみん

2歳(男の子)子育て中の30代主婦です。

DWE中古教材を使った「こどものおうち英語教育」や「ママのための在宅ワーク」など育児に役立つ情報をブログで発信しています。

◆◇ 詳しいプロフィールはこちら ◇◆

\ Follow me /