おうち英語

《まとめ》おうち英語教育(1歳の記録)DWE中古教材で話せるようになった?

【ブログ】DWE中古教材を使った英語教育(1歳の記録)話せるようになったこと

 

DWE(ディズニーの英語システム)の中古教材を使い始めて約半年。

1歳の息子がどれだけ話せるようになったか、どんなことができるようになったかをまとめました!

 

こんにちは!

DWE中古ユーザーママの

あつみー(@lemonatumi)です。

 

我が家では、息子が1歳7ヵ月のころから「ディズニーの英語システム」中古教材を使った「おうち英語」教育に取り組んでいます!

 

忙しい人のための

《 目次 》へGO

 

DWEを使い始めて約半年が経ったので、1歳の記録(取り組みや息子ができるようになったこと)を整理してみようと思います!

 

 

DWEの購入を迷っている方の中には「DWEで本当にこどもが英語が話せるようになるの?」と不安に思われている方もいらっしゃると思います。

なのでこの記事では、1歳の息子がDWE(中古教材)を半年続けてみてどれだけ英語が話せるようになったかも書いています!

 

子供の成長には個人差があると思いますので、ご参考までに見ていただければと思います。

 

 

話せるようになったこと

中古DWEを始めて約半年で1歳の息子が言えるようになった単語は13個です。

「言える」といってもまだ1歳なので、ハッキリと発音できているわけではありません。

もちろん話せるのは単語のみで、「会話(文章をつなげること)」はまだできていません。

 

car(車)

一番初めに息子が言えるようになった英語です。

「car」とハッキリ言います

「シングアロング」や「プレイアロング」の映像に車が登場するので、それを見て覚えたみたいです。

 

ちなみに「プレイアロング」で登場するクルマのおもちゃの代替品は、学研のニューブロックで組み立てて手作りしました。息子は「car!」と言いながら、これでよく遊んでいます。

DWEプレイアロングMyLittleCar車のオモチャ代替品
学研のニューブロックで手作りMy Little Car(車)/DWEプレイアロングおもちゃ代替品 この記事では、DWE(ディズニーの英語システム)のプレイアロング『My little car』に登場するクルマのオモチャを、学研...

 

mouse(ネズミ)

「シングアロング」にミッキーマウスが登場するたびに、「マッ!」と言います。

今のところ、「マウス」ではなく「マッ」です。

他のネズミのイラストには反応しないので、「ミッキー = mouse」と思っているかもしれません。

 

banana(バナナ)

バナナも「シングアロング」や「プレイアロング」の映像に登場します。

最初はバナナを見て「アー」と言っていましたが、気が付いたら「ナナ」に変わっていました。

「バ」はまだ言えないみたいです。

 

apple(リンゴ)

リンゴを見せると「アッポ」と言います。

「あっぷる」ではなく「アッポ」なので、発音が英語っぽいです。

 

bee(蜂)

「プレイアロング」の映像に蜂がよく登場するので覚えたようです。

「bee」とハッキリ発音します。

絵本を読んでいて蜂が登場すると「bee!」と嬉しそうに言っています。

 

さきほどのクルマのおもちゃと同様に、ハチの代替品おもちゃは学研のニューブロックで手作りしました。嬉しそうに遊んでいます。

DWEプレイアロング・ハチのおもちゃ手作り代替品(学研のニューブロック)
学研のニューブロックで手作りBee(蜂)/DWEプレイアロングのおもちゃ代替品 この記事では、DWE(ディズニーの英語システム)のプレイアロングに登場するハチのオモチャを、学研のニューブロックで手作りする方法...

 

nose(鼻)

DWEには体のパーツがよく登場するのですが、息子が最初に覚えたのがnoseでした。

自分の鼻を指差して、「ノー」と言います。

先ほどのバナナの「バ」もそうですが、1歳なので濁点の発音がまだ難しいようです。

 

ear(耳)

自分の耳やパパママの耳をさわりながら「イヤァ」と言います。

 

moon(月)

夜になると窓から月が見えるので、毎日「Look over there! It’s a moon!」と話しかけてたらいつのまにか言うようになりました。

「ムーン」というよりは、「ンー」という感じです。

シングアロングの映像で月が登場すると、「ンー!」と言って指差しします。

 

star(星)

星のイラストや実際の星を見て、「チャー」と言います。

 

Lion(ライオン)

息子が最初に覚えた動物は「Lion」でした。

最初は「tiger(虎)」と区別がつかないみたいでしたが、今ではわかっています。

ライオンは本当にお気に入りの動物です。

ハッキリと「Lion」と発音します。

 

でも、DWEのプログラムにライオンってどこかに出てきたかな?

我が家には図鑑えほんがいくつもあるので、もしかしたらDWEの成果ではなく図鑑の影響かもしれません。

 

アンパンマンが好きな息子のために、初めて購入した図鑑えほんはこちらでした。えいご付きです。

 

bear(クマ)

もしかしたらこれも図鑑の影響かもしれません。

「ベアー」ではなく「バェァー」のような発音をします。

 

kick(蹴る)

「プレイアロング」にボールを使って遊ぶ歌があり、それを見て覚えました。

家にあるボールを「kick!」と言いながら蹴って遊んでいます

 

airplane(飛行機)

「シングアロング」の中に、パイロットや男の子が飛行機に乗るシーンがあるのですが、それを見て覚えたようです。

お外で散歩をしているときに飛行機が飛んでいると、空を指差して「エアプ!」と言います

 

 

できるようになったこと

映像のマネをして遊ぶようになった

DWEプレイアロングおもちゃ代替品おままごと

「プレイアロング」を見て、映像に出てくる子役の子たちのマネをして遊んでいます

例えばこんなことができるようになりました!

 

  • Shake
    ⇒おもちゃをシャカシャカと振ります。
  • Jump
  • Run
  • March
    ⇒行進のマネをして足を高く上げたり踏みつけたりします。
  • Bounce
    ⇒ボールに乗って跳ねます。
  • Byebye
  • Open your fands and close them
    ⇒指を広げたり閉じたりします。
  • Peekaboo
    ⇒いないいないばぁをしてくれます。
  • Around
    ⇒くるくる回ります。
  • Throw
    ⇒ボールを投げてくれます。
  • Drop
    ⇒ボールを高いところから落とします。
  • Lie on a ball
    ⇒ボールの上に横になって乗ります。
  • Share
    ⇒おままごとセットで包丁で果物を切ります。
  • Make the tower with your cups
    ⇒積み重ねカップでタワーを作ります。
  • 動物の鳴きまね
    ⇒アヒルや牛、ネコ、ふくろうの鳴きまねをします。

 

「プレイアロング」の映像の効果なのか、英語を聞いてそれに合った動作をするようになりました。

1歳でこれだけのことを理解してできているのでびっくりです!

 

体のパーツを覚えた

「プレイアロング」には体のパーツが登場する歌が多いので、それを見て覚えたみたいです。

  • mouth(口)
  • ears(耳)
  • hands(手)
  • feet(足)
  • fingers(指)
  • toes(足の指)
  • belly button(おへそ)

がわかるようになってきました。

 

簡単な指示がわかるようになった

「Where is 〇〇?」と言うと、知っている単語なら探して持ってきてくれます。

単語を話すことはできなくても、聞き取って理解しているようです。

例えば

  • elephant
  • giraffe
  • horse
  • panda
  • owl
  • bird
  • cat
  • chair
  • ball
  • balloon
  • turtle
  • ship
  • helicopter

などの単語は理解しているようです。

 

また、いくつかの簡単な指示はわかるようになりました。

  • 「Please close the door.」
  • 「Sit on my lap.」
  • 「Drink the water.」
  • 「Clap you hands.」

 

DWEには出てこないフレーズも何回か教えると覚えるので、少しずつ英語耳ができてきているのかもしれません!

 

 

スポンサーリンク

中古DWEを使った取り組みの様子

DWE中古教材プレイアロングのカップのおもちゃ代替品ボーネルンド

DWEの中古教材を始めて約半年。

基本的には歌(CD)と映像(VHS)のかけ流しを毎日続けています

※我が家ではお値段の安いVHSタイプ(古いバージョン)を中古で購入しましたが、最近の映像はDVDです。

 

使っているプログラムは今のところ「プレイアロング」と「シングアロング」のみ。

ここ2ヵ月ほどは「プレイアロング」がお気に入りです

 

映像(VHS)は1日1回。

歌(CD)は家にいる間はできるかぎりずっと流しています。

 

DWEの映像は刺激が少なく作られてはいますが、見せすぎて目が悪くなるのが怖いので映像は少なめに。

でも、息子が勝手に再生ボタンを押してしまうので2,3回連続で流すこともあります。

 

あとは私がわかる範囲で英語で話しかけもしています。

ただ私はそんなに英語が得意ではないので、本当に簡単な会話のみです。

 

今までの取り組みの様子はこちらをご参照ください!

 

以上、我が家の「DWE中古教材を使ったおうち英語教育」1歳のころのまとめでした!

 

\ まずは公式サイトをチェック /


息子は今のところ飽きることも嫌がることもなく楽しく取り組んでいます。

私自身も、やっていることはVHSやCDプレイヤーのスイッチをONしているだけなので、それほど負担でもないです。

あとは映像に合わせて一緒に遊んだり、歌ったりしているくらいです。

 

ちなみに最近は「プレイアロング」のおもちゃの代替品集めにハマっている私。

プレイアロングのおもちゃの代替品まとめ。中古教材で取り組むDWE(ディズニーの英語システム) もうすぐ2歳になる息子と、『DWE(ディズニーのシステム)』の中古教材を使った「おうち英語」教育に取り組んでいます。 DW...

 

最近あった変化としては、会う人会う人に「もしかして息子くんって英語習ってる?」と聞かれることが多くなってきました

どうやら発音がちゃんと「英語」になっているようです!

2歳になったら何かアウトプットの場を設けることができたら良いなぁ。