育児グッズ・おもちゃ

童謡を歌おう!こどもの言葉の発達に『どうよう うたのえほん』

子供と童謡「どうよう うたのえほん」レビュー

 

この記事は、もうすぐ2歳になる息子が最近ハマっている『どうよう うたのえほん』という童謡が収録されている絵本のレビューを書いています。

 

こんにちは!

あつみん(@lemonatumi)です。

 

実家のばーばから、『どうよう うたのえほん』という本(おもちゃ?)をもらいました。

 

この童謡のえほん、息子がとても気に入っているので、詳しいレビューを書きたいと思います!

 

 

童謡、子供に歌っていますか?

息子はもうすぐ2歳になりますが、実は今まであんまり童謡を歌ってこなかったなぁと思います。

支援センターのイベントでたまーにみんなで歌うとか、Eテレの「いないいないばぁ」や「おかあさんといっしょ」で流れているのを聞くとか、それくらい。

 

我が家のようにおじいちゃんおばあちゃんと一緒に暮らしていない核家族だと、なかなか童謡をおうちで歌う機会がないというご家庭もあるかと思います。

 

でも、童謡って子供の成長にとっても良い効果が期待できるそうなんです。

 

  • 言葉の発達
  • 想像力
  • 文化の継承
  • 情緒の豊かさ など。

 

調べてみると良い事尽くしで、今までちゃんと歌ってあげなかったことを悔やみます。

 

あつみん
あつみん
でもまだ2歳。今からでも遅くないはず!

 

このえほんをきっかけに、童謡をもっと歌ってあげようと思います。

 

 

収録されている曲

子供と童謡「どうよう うたのえほん」レビュー

『どうよう うたのえほん』に収録されている曲は全部で16曲

 

  1. かたつむり
  2. ぞうさん
  3. はと
  4. かもめのすいへいさん
  5. うさぎとかめ
  6. おおきなくりのきのしたで
  7. はるがきた
  8. ももたろう
  9. むすんでひらいて
  10. いとまき
  11. つき
  12. げんこつやまのたぬきさん
  13. ゆき
  14. ゆりかごのうた
  15. ドラエもん
  16. さんぽ

 

子供のころ、誰でも一度は聞いたことのある有名な童謡ばかり収録されています。

曲が流れると、思わず口ずさんでしまいます。

 

 

子供と童謡「どうよう うたのえほん」レビュー

曲名の絵が描かれたボタンを押すと、曲が流れます。

ボタンは、もうすぐ2歳になる息子の力でも十分反応します

 

「かたつむり」の曲ボタンにはかたつむりの絵が、

「ぞうさん」の曲ボタンには象の絵が書かれています。

曲と絵(ボタン)が連動しているので、子供にもわかりやすいです。

 

 

うたモードとカラオケモードが収録

子供と童謡「どうよう うたのえほん」レビュー

スイッチで、「うたモード」と「カラオケモード」を切り替えることができます。

 

「うたモード」の時は、伴奏と1番の歌詞だけ女性の歌声で流れます。

「カラオケモード」にすると、1番→2番→3番と全てのメロディーが流れます。

 

幼い子供は、パパ&ママの声を聞くのが嬉しいもの。

歌詞を覚えたらカラオケモードで歌ってあげると良いと思います。

 

 

歌詞本付き

子供と童謡「どうよう うたのえほん」レビュー

『どうよう うたのえほん』は、歌詞本が一体になっています。

なので、歌詞がわからなくても大丈夫

本を見ながら歌うことができます!

 

メロディー部分の楽譜も載っているのでピアノなどで演奏したい人にも好さそうですね。

 

 

子供と童謡「どうよう うたのえほん」レビュー

歌詞本はかわいいイラスト付き。

息子も本をめくったり、動物のイラストを指さして興味がありそうです

 

 

子供と童謡「どうよう うたのえほん」レビュー

歌詞本はボードブックのような頑丈な紙質ではないので、即効で折れました(^ω^;)

まだ破れてはいないです。

 

 

息子の反応と童謡の効果

息子は音の出るおもちゃが大好きなので、とても気に入って毎日遊んでいます

自分でボタンを押すことで楽しい歌が流れるのが嬉しいようです!

特に、「げんこつやまのたぬきさん」がお気に入りで、振付をしながら歌ってあげると喜びます。

 

気になる童謡の効果ですが、

この絵本で遊び始めて3日ほどで

  • 「ポッポッ」 ←「はと」の歌
  • 「でたーでたー」 ←「つき」の歌

と言うようになりました。

 

言葉がゆっくりめな子なので、すぐに言葉を覚えたのはびっくりです。

 

あつみん
あつみん
童謡の効果おそるべし。

 

また、今まであまり意識していませんでしたが、童謡って言葉のチョイスがとっても素敵なんですね!

 

例えば「つき」という曲に

  • 盆のような月
  • 炭のような雲

という歌詞があります。

 

こんなユニークな例え方、童謡を知らなかったら私の頭では絶対に出てきません。

 

私が例えるなら、せいぜい

  • たまごの黄身のような月
  • 悪魔が出てきそうな(真っ黒い)雲

くらいです。

 

昔の人が考えた言い回しは、「物の捉え方」の参考になります。

そんな素敵な歌詞を見ていると、童謡は子供の語彙力や想像力の発達に良さそうだなぁと改めて感じました。

 

これからは、この絵本を使っておうちでたくさん童謡を歌ってみようと思います!

 

 

16曲の有名な童謡(2曲はドラえもんとトトロだけど)が聞けるうたのえほん。

お値段も1,600円と、手軽に子供と童謡を楽しみたい方におすすめです!