ママが嬉しい託児所・キッズスペース付き♡
赤ちゃん&こども連れOKの脱毛サロンをCheck

《子供の長引く鼻水に》買って良かったベビースマイルの電動鼻水吸引器

ベビースマイル電動鼻水吸引器

数ある育児グッズの中でも、買って良かった育児グッズBest5に入るのが『電動鼻水吸引器』です!

息子はよく鼻水が出る子だったので、赤ちゃんのころに「口で吸う」タイプの鼻水吸引器を購入しました。ただ、口で吸うことで風邪がうつってしまうのかわかりませんが、そのあと自分も体調を崩してしまうことが多かったんです…。

 

そこで、息子が3歳になるころベビースマイル電動鼻水吸入器を購入しました。

 

電動タイプがこんなに便利だったとは!もっと早く買えば良かった!

 

この記事では、人気の鼻水吸引器3選の比較と、我が家で使っているベビースマイル電動鼻水吸入器の口コミを投稿します。

(口コミ)もっと早く買えば良かった!ベビースマイルの電動鼻水吸引器

ベビースマイル電動鼻水吸引器

電動鼻水吸引器を買ってから、子供の風邪がうつりにくくなった&鼻水が長引かなくなりました。本当に買って良かった…。

私が購入したベビースマイルの電動鼻水吸引器はコチラです↑

 

3歳の子供でもひとりで鼻水が吸える!持ちやすい形と大きさがGood◎

ベビースマイル電動鼻水吸引器の口コミ

ベビースマイルの電動鼻水吸引器は、持ちやすい円柱型のスリムな形状。

この形がちょうど子供が持つのにちょうど良く、3歳になったばかりの息子は鼻水が垂れてくると自分でベビースマイルを持ってきて鼻水を吸ってくれます。(↑ 上の写真は入れる向きが逆ですが、一応ちゃんと吸えています)

吸うと気持ち良いらしく、いっぱい鼻水がとれると嬉しそうです。

今までは「ママ鼻水出た~」と毎回言っていたのですが、ベビースマイルを購入してからは自分で鼻水を吸ってくれるのですごく楽になりました。

乾電池式だからどこでも持ち運びができる

ベビースマイルの電動鼻水吸引器は、単3乾電池2本で動きます。アルカリ乾電池だと1回の電池交換で約1000回使用できますよ。

コンセントが必要ないのでどこでも持ち運ぶことができて便利です。鼻水が出るときは車の中やカバンに入れて持ち運んでいます。

部品が少ないからお手入れが楽

ベビースマイル電動鼻水吸引器のパーツ

本体以外の部品は以下の5つ。すべて水洗いで簡単にキレイになります。

  • キャップ
  • 吸引カップ
  • 吸引ケース
  • シリコンノズル
  • パッキン

 

本体も、水を張った容器に「吸気口」と「排気口部分」をつけてスイッチを入れれば洗浄完了!とっても簡単です。私はいつも紙コップにつけて洗っています。

ベビースマイル電動鼻水吸引器の洗い方

 

スポンサーリンク

おすすめ鼻水吸引器はこの3つ!それぞれのメリットデメリットを比較

子供用の鼻水吸引器の中で、口コミの評価が良くおすすめなのはこの3つです。

それぞれの特徴をご紹介します!

人気No.1の電動鼻水吸引器は『メルシーポット』

メリットは耳鼻科同等のパワフルな吸引力

楽天市場やAmazonでの口コミも好評で、多くのママブロガーさんが「買って良かった!」と紹介しているのが電動鼻水吸引器メルシーポットです。

メルシーポットは全国500ヶ所以上の小児科や耳鼻科でも紹介されていて、0歳の赤ちゃんから安心して使うことができます。

なんといってもその特徴は耳鼻科と同等のパワフルな吸引力

風邪をひきやすかったりよく鼻水が出るお子さんで、ネバネバした鼻水がなかなかとれずに困っている場合はメルシーポットが断然おすすめです。

デメリットは値段・吸引時の音・持ち運びには向いていないこと

メルシーポットのお値段は¥11,880(2020年4月時点)。他の電動鼻水吸引器よりも少しお高めです。
ただ、鼻水をこまめに吸ってあげることで風邪の悪化予防になりますし、鼻水が出るたびに病院に行く手間を考えると、1万円で購入する価値は十分にあります

また、吸引力がパワフルなゆえに、鼻水を吸うときに「ズボボボ」っと大きな音がします。最初はその音にこわがってしまうお子さんもいるかもしれません。口コミを見ていると、「嫌がって吸わせてくれなかった」「音にびっくりして泣いてしまった」という内容も見かけました。音に敏感なお子さんは、慣れるまで時間がかかるかもしれません。

もうひとつのデメリットは、持ち運び用ではないことです。改良を重ねて以前よりもコンパクトになったとはいえ、出かけるときにパッとかばんに入れるような形状ではありません。また、メルシーポットは電源をコンセントからとるタイプなので、家の中で使いたい人向けの鼻水吸引器になります。

 

ママ鼻水トッテ

メリットはお手頃価格&自分で吸引力の調整ができること

ママ鼻水トッテは、「口で吸う」タイプの鼻水吸引器です。値段は1,000円以下とお手軽。赤ちゃん用品専門店だけでなくドラッグストアでも販売されていることが多いので、手軽に購入できますね。我が家でも息子が赤ちゃんのころはママ鼻水トッテを使っていました。

口で吸うタイプは電動タイプと違い、パパママの吸う力で吸引力を調整できます。そのため、電動タイプの大きな音や強力な吸引を嫌がってしまう子供でも、力加減を調整してあげれば落ち着いて鼻水を吸ってあげることができます。

デメリットは口で吸うタイプなので風邪がうつるのが心配

ママ鼻水トッテはダブルチューブになっているので、子供を寝かした状態で吸入した場合も逆流はしない構造になっています。ただ、やはり感染リスクはできるだけ減らしたいもの。
実際、鼻水がものすごい大量でボトルいっぱいになってしまった際は、そのまま口の方に逆流してきたことがあります…。

 

ベビースマイル電動鼻水吸引器

メリットは軽量コンパクトで持ち運びに便利

ベビースマイル電動鼻水吸入器はスリムな形で持ち運びに便利な電動鼻水吸入器です。

このように、おむつポーチにすっぽり入ってしまいます。
ベビースマイル電動鼻水吸引器の収納(おむつケース)

また、電池を入れても200g程度と軽量のため、赤ちゃんを抱っこしたままでも片手で楽に吸引できます。200gというのは、じゃがいも1個とか、ほうれん草1袋くらいの重さです。軽いですよね。

カバンに入れておいても全然邪魔になりません。

デメリットはメルシーポットほど吸引力が強くないこと

息子は普段サラサラとした鼻水が出ることが多いのでベビースマイルで十分問題ないですが、ネバネバした濃い鼻水が出やすい子には、さきほどのメルシーポットの方がおすすめです。

実際に使ってみると、透明でサラサラとした鼻水はズボッと大量に取れましたが、ネバっこい緑色の鼻水は鼻の中に残ったままでした。

 

子供の長引く鼻水でお困りのお方は、ぜひ電動鼻水吸引器の購入を検討してみましょう

 

また、鼻水が長引くと子供のお肌は乾燥してカサカサになってしまいがち。そんなときは、新生児から使える無添加&天然由来成分99%配合の【アロベビー ミルローション】がおすすめです。定期便なら1.5か月分が初回980円(送料込み)で購入できます♪